2013年01月24日

独白「叔父1」

今晩は。
PCのキーボードの調子がよくないです。
誤字脱字あるかも。すいません。

前回の続きです。

皆さんにも親戚がいるように、私にも深くかかわってきた親戚がいます。
父方にとっても母方にとっても、我が家の兄が初孫で、私はその次。
私達より年上の従兄はいません。
父方の祖父母や、叔父や叔母にはいい思い出はありませんが、母方の叔父達には大変にお世話になってきました。
私も大人になって酒を飲むようになり、一緒に酌み交わす事も時々。母には二人弟がいますが、上の弟は兄の行動を良く思っていなくて。
ま、当然でしょうが、今まで散々色々な事してきましたからね、兄は。
父親がろくでもない分、その上の弟と母の兄が良く面倒を見てくれたというか。
保護者代理だった部分もあって。

ただ残念なことに、上の弟の妻や娘も常識がなく、人の家庭をどうこういう前に自分の家庭をまずなんとかしろよと言うような状況で、その家庭にも私達は迷惑を被っていたのは事実で。
残念ながらお互いに、お互いの事を責められる状況ではなかった中で、それでも子供のころから面倒を見て、世話をしてくれた叔父の立場として、兄の行動は許せない事が多かったんでしょうね。
母の実家の近くで毎年行われる花火大会に、私と母と祖母と上の弟と四人で見に行った時、私も叔父も酒を飲み、温泉に入り、気分よくいたところに兄家族?が別行動でやってきて。
挨拶もろくにせず。
なんつーかね、やっぱ皆なっとくできない状態で、叔父も酔ってたし。
兄が帰った後、母に絡みだしたんです。
兄の事を責めて。

母はやっぱり母親だし、勿論兄の事に納得はしてないけど、色々な思いが合ったんだと思うんですが、その母にヤイヤイ言い出したもんだから喧嘩みたいになってきて、それを納めるつもりもあって、私も口出したんです。

「まぁまぁ。あなたも人の兄の事とやかく言ってる場合じゃないでしょwもうほっとけ。自分の家をまず何とかしようぜ♪でもそこヤイヤイ言われたって困るでしょ、一緒だよね。だからほっとけ。」

癪に障ったんでしょうかね。
矛先が全部私に向きまして、まさかの私の人生全否定。

いい年こいて、まさか号泣するまで責められるとは思いませんでした。
私も熱くなった酔っ払いの対処はそこそこ学んできたつもりでしたが、いかんせん私も酔ってた。
許容できない発言をされ、その上何より私の話を殆ど聞いてもらえなかった。
話そうとしても、頭から抑えつけられた。

ただただ、不快な思いだけが残った夏。
だけど、その叔父は、家庭環境がうまく行ってない為、毎週末我が家に泊まりに来る。
でも、私はもう会いたくなくて。

仕事から帰るといるし、遊びに行って帰ったらいるし、自分の部屋にこもれば「ご飯食べろ」と呼ばれるし。
そのくせ私が友人を家に招いて飲むと母は文句。
時間を考えろ。

だって遅番だと終わるの夜中だもん。
そこから飲むってなったら、深夜2時とか普通。
その頃の私は飲まないと毎日やってられなくて、でも飲みに出れば高くつくし。
一人で飲むと死にたくなるし。

もう、自分の居場所はどこかわからなくなってました。
そんな時にさらなる行動を起こしたのは、母の下の弟でした。


続く。
posted by みほ at 03:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

独白「無責任」

毎日雪が凄いですね。
北海道ならでは。でも、道外も雪凄いみたい。大丈夫かしら。

北海道に帰ってきて、もう5年になろうとしてます。
帰ってきて1年たつかたたないかで、兄が子供を連れてやってきました。

兄は結婚してません。
連れてきた子供は、初めて見る子供でしたが、既に1歳半でした。

母は、初孫が生まれていた事を、1年半知らされずにいて、急に「俺の子」と言って連れて来られても、それは許容できないでしょう。
私も母も。

順番が何もかも違いすぎる。
兄の彼女?嫁?何なのかわかりませんが、勿論挨拶に来た事もないですし、会った事もない。
そしてその女は既にバツイチ子持ちで二人も子供がいて、上は高校生。

ま、それはいいとして、何にも報告がない事にびっくり。
そしてその数ヵ月後に、ほんの数ヶ月ですよ。半年もたってなかったと思うな。


「実は今もう一人子供がいて、もうすぐ産まれるんだ」


って。
その時、兄無職。



バカでしょ。
無責任にも程があるでしょ。
そんなの育てられるわけない。

産むべきじゃないでしょ。考えたらわかるでしょ。
でも、それは私が言う事じゃないでしょと母に言われて、兄は勿論堕ろしてくれなんていわないから、産まれてきましたよね。
この時点で、上が高校生から下が新生児まで子供4人、バカ親二人、6人ですよね。
無職がどうやって養っていくのか?

バカじゃないの?と。
で、親が無責任でバカだから、躾もろくにできなくて、子供もバカ。
可愛くないわけ。
その上、更にもう一人産まれてますから。

ガキ5人を、大人のくせにガキ二人が育ててるの。
もう見てられない。
その上何しろ産まれた報告も、どんな報告も、8割してこなくて、2割は母にしかしないんですよ。
だから私は子供の名前も母からしか聞いてないし、誕生日すら知らないし、お年玉あげたところで兄が母に「どうも」って言うだけ。

もうね、私を疎外しすぎなんですよね、兄は。
自分の家族に何かあって、女がだらしないからよく「子供預かってくれ」と来るんですが、こっちは母も私も仕事してますから。しかも頼まれてるのは母だから。
でも、うちに来る以上、私にも迷惑はかかりますよね。
でも、どうもね〜もすまんね〜もない。私には何もないんですよ。

私の家なのに。
おかしいでしょ。

この記事にまつわる日記、過去に書いてたわ。
御覧になりたい方はどうぞ。
http://fukai-anani-sky.seesaa.net/article/191328578.html


続く。
posted by みほ at 05:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

独白「結婚と離婚」

おはようございます。
相変わらず私はこれから寝るんですが。

今日は仕事終わりにブログ書こうと思っていたら、友人から連絡があり、さっきまで電話してました。
そしたらこんな時間。
でも大好きな友人だったので、癒されました。

前回の続き。
色々あった20代前半。
もう逃げ出したかったしきえてしまいたかった。
毎日がうんざりだった。
そんな中、仕事で昇格して、給料も増えたけど私の手取りは変わらず、借金に持っていかれる額が増えるだけ。部下に飯をおごってやる事も出来ない。

兄は仕事を辞めてふらふら。
再就職したら給料の差し押さえが無くなったんです。
「辞めたらこの生活から逃れられるのか…」
とにかく仕事を辞めたかった。
その後なにしたいとかは無かったけど、もうとにかく何もしたくなかった。
そんな時、当時私の全てを知った上でそれでも良しとして付き合ってくれてた彼氏の転勤が決まり、別れるか一緒に行くかのわかれ道の時に、「一緒に行く?」と言ってもらえて、ついに結婚。

結婚してすぐに、色々あって離婚がよぎったけど、私には帰る場所がなかった。
住みなれた実家は追い出され、借家へ引っ越し、その時に私も転勤になり、家を出て、その後私名義で母が家を買ったが、一度も住んだことは無く、勿論私の部屋もない。
兄と三人で暮らすには狭すぎる家だった。
結婚生活4年。結局は破たんするその頃には、兄は家を出ていたので、それでも迷ったが愛する犬も家にいたので帰る事に。

居心地はあまり良くなかったが、それでも私の家。私の居場所。
そう思っていたんですが、今は。。。


続く。
posted by みほ at 06:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

独白「昔話2」

今晩は。もう朝ですが、私は今から寝ます。

仕事柄、相変わらず不規則な生活をしております。
特にストレスがたまると睡眠時間がめちゃくちゃになります。
今は冬眠期でしょうか…寝ても寝ても寝足りません。

もう10年以上、そんな体質です。
逆に全く眠れず、酒か睡眠導入剤を飲まないと眠れない事も。


前回の続きになりますが、一人目の子供を堕ろした後、その相手とは別れて、その後付き合った彼氏も、避妊してくれず、私も強制せず。
一人堕ろした時点でもう出来にくいと勝手に思った無責任な自分と、「もし出来たら結婚しよう」と、守る気もない無責任な約束をする彼氏。
一人目を堕ろしたわずか半年後に、二人目を妊娠。
約束通り結婚してくれるかと思いきや、無理だから堕ろせと言われ。

「次は産んであげようね」と、また守る気もない約束を告げられる。

その半年後、3人目を妊娠。
さすがにこの時は、絶対に産むと、仕事まで辞めて、結婚する気でいたのに、もう中絶も出来ない4カ月目に、相手に「堕ろしてくれ」と私と私の両親の前で土下座。
中絶ではなく、強制流産…

自分の無責任さに逃げ出したくなり、死にたくなりました。

その頃家庭内もぼろぼろで、崩壊寸前…実際は崩壊しましたけども。
父親が死のうとして死ねずに号泣したり、父親の借金の連帯保証人になったり、家を競売に出されて追い出され、夜逃げ同然で引っ越したり、両親が離婚したり。
その間、友人と縁が切れたり、責任を取って必ず結婚すると言ってくれていた彼氏が最低な発言を繰り返し、近年稀に見る最低な別れ方をして、人間不信に陥ったり。

自分の無責任さが招いた事ばかりだったけど、私にはもう抱えきれない事になっていました。
父が借金を返さないから、とうとう私と兄の給料が差し押さえられ、兄より私の方が高給取りだった為、借金に充てられる額も多かったし、そんな中でも私は家にお金を入れていたが、兄は入れていなかった。
私がお金がなくて入れられなかった時は、それが借金として残ったが、父を見ていたからか人からお金を借りているという状況がとても嫌で苦痛だった。早くお金を返さなければと、コツコツ返していったが、兄は借金として貯まって行こうともお構いなしだったし、更に親からお金を借りたりしていた。
私はローンも借金だと思い、車もお金を貯めて一括で買ったりしたが、兄は借金して車を買い、車検代が払えないとなると、その車を下取りに新しい車を買った。

根本的に兄と私は全然中身が違ったんです。
友人のように仲良くしてきましたが、家を離れ、一人暮らしして、兄を見ていると、何てだらしないんだろうと徐々に思ってきていました。

続く。
posted by みほ at 05:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

独白「昔話」

こんばんは。
最近は仕事が立て込んで、なかなか忙しい毎日です。
体が結構限界です。
皆さんいかがお過ごしですか?
年末年始…お休みでしたか?

私は年末年始の連休と言うものを、かれこれ22年は味わっていません。

まず昨年の錯乱状態をお話しする前に、それに付随する過去の話を書きます。
身内の恥を晒す事を情けないとは思いますが。。。
私の父は借金大王でした。
細かな詳細は長くなるので書きませんが、母と兄と私は、父の犠牲者と言っても過言ではないかと思います。
小学6年の終わりから、高校3年の終わり頃までの約6年間、私も兄も、早朝に新聞配達のアルバイトをして、家にお金を入れていました。
バイト代はびた一文私達の手には来ません。
だから、年末年始は冬休みでも、私は普通に仕事をしていました。

でも親にやれと言われたわけではなく、家族の助けになればという想いと、兄のマネをしたかっただけかと。
子供の頃から兄とは仲良く、学生時代も喧嘩は良くしましたが、友達のような仲の良さでした。

その後、高校卒業後も、どんなに収入が少なくても、家に5万入れなければいけなくて、それも母曰く「就職したら同居人。普通に一人暮らししたら家賃5万は普通。それ以外にも光熱費やら何やらかかるんだから、5万は安い方でしょ」と。
仕事をせず、プーだった時も、家賃滞納で、借金として5万ずつ積みあがっていく借金。恐ろしい。

貧乏生活が長かったせいか、金に対する執着が半端ない私は、貯金もしたかったし、収入のいい仕事ばかりやってきました。
それと、早く家を出たい思いで、結婚願望も強かったです。
「自分はこんな家庭には絶対にしない。」そう強く思っていました。
子供も大好きで、夢は18歳で子供を産む事でした。
子沢山になりたかったし。



始めて子供が出来たのが、19歳の時でした。
でも、それは自分の無責任な行動でした。
相手に問題がありました。
親にも激しく反対されました。
一人で育てるには、貯金はまだまだ少なすぎました。
親に反対されている以上、父親の件もあったし、迷惑はかけられないと思いました。

やむなく堕ろしました。その件も、話せば長くなるので、書きません。
ただ、簡単な気持ちで中絶したわけではありません。

そこから私の人生は、大幅に狂いだしていきます。


続く。
posted by みほ at 03:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

独白「毒吐く」

お久し振りです、そして明けましておめでとうございます。
前回の日記で一年ぶりか?と言ってた気がしますが、新年入りまして。
色々とあった事をずっと抱えこんでましたが、そうか、私には吐き出す場所があったなと。

年末に吐き出すべき事を、新年を迎えてから自分の中の毒を全部吐き出したい。
新しい新年を迎えるにあたり、心機一転。。。とは今は思えない。その毒の部分を全部吐き出して、心機一転したい。

そう思って、久し振りにブログを書きます。

一回では書ききれないので、何回かに分けて書きたいと思いますが、私の醜い感情をさらけ出すので、見苦しい事も多々あると思います。
人を不愉快にする可能性も高いので、見る事をお勧めしません。
ただ、もうどこかに吐き出さなければ私は前に進めない、だからと言って身内や友人には改まって話す気にもなれない…そんな事ばかりなので、自分のブログに吐き出していこうと思います。


ここが今、私の居場所。

そう思って書きます。

次回から。
posted by みほ at 02:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。