2009年03月31日

ぶらり二人旅4

DSCF2660.JPG
 27日、私たちは旅館の朝ごはんを食べチェックアウト。
帯広方面と言えば今や全国的にも有名な中札内の花畑牧場に向かいました。

わたくし・・・生キャラメル、花畑牧場のものじゃないけど以前食べた事があります。
これもまた・・・

普通のキャラメルにとろみがあるだけの、なんて事無いモノでした。


DSCF2678.JPG
青天の中札内、花畑牧場。

午前中だというのに、結構な数の観光客。
駐車場はほぼ満車でした。

工場の方ではキャラメルを常に練っている?方々が大量にいました。

DSCF2679.JPG
牧場内にはロバや馬もいて、可愛かったです^^

事件は店内で起こりました。


私の相方・・・以前も書いたかもしれませんが、言葉がおかしいです。
家具屋のニトリの事を「ニドリ」と言ってみたり、本屋さんの事を「ホイヤサ」と言ってみたり。
最初は笑ってましたがだんだんといらっとするんですよね。

「ちゃんと日本語喋れよ」と。

二人の時はまだしも、大勢の他人の前ではいい恥さらしです。

一緒にいるこっちが恥ずかしい。

例えば会計でカードを切る時、レジの店員は「何回でお切りしますか?」と聞いてきます。
そんな時、普通なら「一回」とか「一括で」とか「二回」とか言いますよね?
私の相方は「ふたっつ」って言うんです。

店員は聞き取れなくて「え?」とか聞き返してきますよね。
それでも言い方を改めません。
「ふたっつ。」

その横から、「二回で。」って私が言うんですよ。


恥ずかしいんですよ。

自分の周りに通じる言葉でも、他人には通じないのだから、一般的な日本語を使用してほしいんです。
一般的な日本語を知らないのなら仕方がないのですが、わざとそういう言葉遣いしてますから。


腹が立つわけです。


話は戻って、店内に入って、いろいろな種類のキャラメルがある中、初めてだしって事でオーソドックスな生キャラメルを購入、レジに並びながら「あ、ソフトクリームもある!食べていい?」と相方が。

「いいんじゃない?」

そんな事でレジで「お味はどうなさいますか?」と。
キャラメルと、バニラと、ミックス。
さて。

相方が言った言葉は。


「キョロメルで!」


その瞬間、店員も、並んでた客も、こっちを見るんですよ。

「何を言ってるのこの人は?」という目で。


恥ずかしく、情けない。

一気に他人のふりしたのは言うまでもありません。
そそくさと店を出る私に、後ろで「あれ?どこ行くのみほちーん!」と呼ぶ相方の声が。


声かけるな(激怒)


こういう積み重ねで、愛情って冷めていきますよね。

何回言ってもやめないし。

一緒にいて恥ずかしいだけなら、いらないもの。そんな相方。

そんなイライラ感のまま、帯広でまたパチンコ打って、ぼろ負け、吹雪の中帰った私たちでした。
DSCF2684.JPG
これが有名な生キャラメル。
味は、結構おいしかったです。
高いけど・・・。

抹茶味があったので、いつか食べてみたいなと思いました。
いい仕事してるな、花畑牧場!!


終わり。


人気ブログランキング
posted by みほ at 16:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。