2011年03月14日

何だこれは。

 どうなってるんでしょうか。恐ろしい。
11日に地震が起こってから今日まで、毎日ニュースでは悲惨な映像が流れてる。

日本どうなってしまうの?

色々な人が心配になる。
元夫は、今は連絡は一切取ってないからどこにいるかわからないけど、恐らく今大きな余震が続いている甲信越にいると思われる。
大丈夫だろうか。
元夫の実家は千葉県。
大丈夫なんだろうか。
そのほかにも、関東や東北にいる友人たち。

大丈夫なんだろうか?

 家族と離れ離れになって安否がわからない人や、家や家族がなくなってしまった人。。。
様々な人がテレビで流され、涙している姿を見て、私も泣きそうになります。

悲しいでしょうし、やりきれないでしょう。
家族と再会できた人は、嬉しいでしょうけど、まだまだ先の展望は望めません。
どうなるかわからない。
家も、職場も、何もかも無くなってしまった人や。


でも、人間生きてさえいれば、いつだって0からスタートできるって事、忘れないでほしい。
今は落胆し、絶望し、先の光も見出せないかもしれないけれど、命さえあれば何だってできるんだと忘れないでほしい。

私の大好きな、作家?自由人、高橋歩は、生きる糧となる言葉を沢山伝えてくれます。
最近、たまたま本を読み返していた時にこの震災でした。
私は幸いにも北海道にいて、被災しませんでしたが、いつ自分の身に起こるとも限らない。
だって地震大国日本。
それ以外だとしても、自然災害は誰の身にも起こる事。

そこから一体どうやって這い上がるかが重要。


世界各国で「日本だからこの程度の被害で済んだ、日本は凄い国だ」と絶賛されています。
こんな大変な災害で、これだけの被害があったと悲嘆するか、この程度で済んだと安堵するのでは、全然違います。

どうか命ある皆さんは、この恐怖と立ち向かい、這い上がってほしい。
被災地ではないけれど、同じ日本人として、祈っています、願っています。


シンプルに考えるんだ。


大事な事はそんなに多くない。



私の心の師匠はそう言ってます。


家がなくたって、金がなくたって、生きてさえいれば。そう思います。
沢山の方々が被害に遭い、日に日に死傷者は増え続ける一方ですが。
どうか命ある方々は、あきらめずにいてほしい。
色々な事。


私も節電します。



そんな私の些細な幸せは、昨日半月ぶりに声が聞けたことと、今日、他愛もないメールのやり取りができた事。

不謹慎だと思いますが、暗いニュースが続く中、私にとっての幸せは案外些細な事だったと再認識。

いつ会えるかはわからないけれど、私の場合は生きている事もわかっているし、所在もわかってる。
伝えたい事も、いつでも伝えられるんだなと。

でも、いつどこでどうなるかなんてわからないから、後悔しない様今を精いっぱい生きる事が私にできる事。

そう思うので、今を精いっぱい生きて、早く会って思ってる事少しでも伝えたいと思います。
posted by みほ at 02:41| 北海道 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。