2013年01月05日

独白「昔話」

こんばんは。
最近は仕事が立て込んで、なかなか忙しい毎日です。
体が結構限界です。
皆さんいかがお過ごしですか?
年末年始…お休みでしたか?

私は年末年始の連休と言うものを、かれこれ22年は味わっていません。

まず昨年の錯乱状態をお話しする前に、それに付随する過去の話を書きます。
身内の恥を晒す事を情けないとは思いますが。。。
私の父は借金大王でした。
細かな詳細は長くなるので書きませんが、母と兄と私は、父の犠牲者と言っても過言ではないかと思います。
小学6年の終わりから、高校3年の終わり頃までの約6年間、私も兄も、早朝に新聞配達のアルバイトをして、家にお金を入れていました。
バイト代はびた一文私達の手には来ません。
だから、年末年始は冬休みでも、私は普通に仕事をしていました。

でも親にやれと言われたわけではなく、家族の助けになればという想いと、兄のマネをしたかっただけかと。
子供の頃から兄とは仲良く、学生時代も喧嘩は良くしましたが、友達のような仲の良さでした。

その後、高校卒業後も、どんなに収入が少なくても、家に5万入れなければいけなくて、それも母曰く「就職したら同居人。普通に一人暮らししたら家賃5万は普通。それ以外にも光熱費やら何やらかかるんだから、5万は安い方でしょ」と。
仕事をせず、プーだった時も、家賃滞納で、借金として5万ずつ積みあがっていく借金。恐ろしい。

貧乏生活が長かったせいか、金に対する執着が半端ない私は、貯金もしたかったし、収入のいい仕事ばかりやってきました。
それと、早く家を出たい思いで、結婚願望も強かったです。
「自分はこんな家庭には絶対にしない。」そう強く思っていました。
子供も大好きで、夢は18歳で子供を産む事でした。
子沢山になりたかったし。



始めて子供が出来たのが、19歳の時でした。
でも、それは自分の無責任な行動でした。
相手に問題がありました。
親にも激しく反対されました。
一人で育てるには、貯金はまだまだ少なすぎました。
親に反対されている以上、父親の件もあったし、迷惑はかけられないと思いました。

やむなく堕ろしました。その件も、話せば長くなるので、書きません。
ただ、簡単な気持ちで中絶したわけではありません。

そこから私の人生は、大幅に狂いだしていきます。


続く。
posted by みほ at 03:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/311554913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。