2013年03月14日

ちょっと小休止

130314_100856.jpg久々に旅に出ます。
家を出るとき、寂しそうな顔の犬を見て切なくなりました。
母と分かり合えず、詳細を告げずに旅行に出ること、一人で色々考える。

心に引っ掛かる何かが何なのか、まだわかんないけど、何だかんだ私は、母を捨てられないんだろうと言うことは何となくわかる。
結果、自分を苦しめることになったとしても…

母と二人で暮らすようになって早5年近く。
理解し合えないことがわかって、最近は真剣な話し合いや、自分の意見を強く言うことも、相手の話を真面目に聞く事もなくなった。
時に苦痛すら感じる居心地の悪い実家を、自分の甘さや薄っぺらい情で、捨てきれないんだろう。


私が悪いんだな。


変わるかどうかわからない相手の気持ちが変わるのを待つより、自分の気持ちを変える方が簡単なんだろう。
posted by みほ at 10:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

独白「同族嫌悪」

このブログに掲載されているメールアドレスなんですが、アカウントのアドレスを忘れてしまう事件発生。
メールを確認できないという事態が。
その上、アドレスを消す方法もいまいち…なんで、、そのままになってますが、そこにメールを送らないようお願いします。
確認できないです…。

私の友達に、常習のリストカッターがいまいた。
その人の気持ちは何となく理解できるけど、酷い嫌悪感も、持ってました。
気持ちが理解できるのです。
その反面、嫌悪感も持ってました。

同族嫌悪。

自分は絶対にそうはならない。でも、紙一重ですよね。
始めて手首を切った時の気持ちよさと、その後の自己嫌悪、そして常習性。
ある意味それは麻薬に近い気がします。
情けなく、恥ずかしく、自分をおとしめる行為とわかっていながら、また、切りたくなる。
それは、勿論見られたら恥ずかしいし、情けない、自分が嫌になる行動なのに、もう切らずにはいられない。
切りたい。
それだけ自分を傷つけたい。

死にたいわけじゃない。

でも、きりたい。

自分が嫌い。

これに尽きるんですよね。
難しいんです。

でも、私は、支えてくれる友人がまだいた方なんでしょう。
恥ずかしく、情けなく、申し訳なくなった。

でも、本当に私は、もう恋も出来ないし、友人とも寄り添えない。
自分の孤独との戦いである事を知るんです。

それがつらい。
posted by みほ at 02:48| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月03日

「独白」帰る場所

今晩は。
期間が開いてしまいました。すいません。

私の叔父、母の一番下の弟ですが、Tさんとしましょうか。
私や兄が生まれた時、Tさんはまだ高校生だったので、私達が物心ついた時もまだ若くて、兄のような存在でした。
私達兄妹はよく面倒も見てもらったし、Tさんが結婚した時は、叔母を姉のように慕って、仲良くしてました。

その叔父が、不倫している事がわかってから、色々な修羅場を目にしました。
弁護士云々もありました。
謎に私や母も巻き込まれていました。

色々会ったけど、全て終わりにするって、話も終わって、落ち着いた去年。
私の誕生日に、祖母の地元の花火大会に、親戚一同集まって、そこに兄も来て、皆で酒飲んで温泉入って花火見て、祖母の家に戻って、解散するか〜って頃に、玄関に人がて、兄と話してて、従妹が「変な女が来てる」と。
見に行ったら、あの女が。

そこでまたひと騒動。
警察沙汰です。
その時に、私も暴力をふるわれて、足の指骨折。
事件です。
その時も色々ありました。

その親戚を巻き込んだ騒動で懲りて、縁が切れたかと思いきや、いまだに続いてるようで。

もうなかなか人を信用できない。
そんな事あったのに、病院行った話もしてるのに、謝罪もないし。

そんな事が色々とあって、仕事も色々とあって、心身ともに疲弊してしまった私。



早番で家に帰ると、夕方に誰かしらが訪問してくる。
その訪問してくる人が、兄だったり叔父だったり。
もう、会いたくない相手だったりする。

二番目の叔父が一緒に焼肉でも・・・と肉を買ってきたりする。
でも一緒したくないから断ると、母に怒られる。
仕方がないから一緒にご飯食べる。
美味しくない。
何してるんだろうと思う。

もう、限界だった。

そんな中、兄が来て、酒を飲んでた私は、兄に絡んでしまい、絡みながら耐えられない感情から、泣いてしまった。
いい大人が、泣きながら兄に、話を。
でも、思った事の2割も言えてない。
その様子を見て、兄が「大変だね、母さんも。」と。
母もそれを否定しなかった。

いいだけ身内に迷惑をかけて、借りた金も返さない、家に入れるべき金も入れない、常識のない行動を繰り返している兄に、大変だねと呆れながら言われた事と、それに対して何も言わなかった母に、その時は絶望したんです。
今まで、友達付き合いが上手じゃなくて、いつも一人になりがちな私に、「あんたの考え方は間違ってないよ、ただ、もう少しこう考えたらいいんじゃない?」と、まず私を認めてくれて、唯一の私の帰れる場所、私がやってきた事は間違いじゃないと言ってくれていた母が、面倒だなと。
一生懸命働いて、家にお金入れて、母の日や誕生日に何かあげたり、兄は頼りにならないから、母の面倒を見なきゃと実家に帰ってきたのに、私の存在は面倒なのかな。そう思ったら、今までにない感情に捉われました。

私には帰る場所がない。


これ以上の孤独は無い。

帰りたいのに、帰る場所がない。

もう、土に還りたい。



去年、自分は絶対にしないと思っていたリストカットを、してしまいました。


続く。
posted by みほ at 02:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

独白「叔父2」

今晩は。相変わらずな時間ですが。
最近公私ともに結構いっぱいいっぱいです。

遅くなりましたが、前回の続きです。
相変わらずキーボードの調子ワロシです。
でも悪いのは恐らくseesaaですね…他のサイトの時はこんな調子悪くないもん…。

2年くらい前でしょうか。
年末だったか年始だったか、記憶も定かではないのですが、もう結構精神的にも参っていた時。
大掃除したかったけど、何だか自分の気持ちの整理もできてない中、家の整理もままならない。でも、部屋が汚いと心も荒む。
何とか居住区の、PC部屋兼寝室だけでも掃除しようと、綺麗にしたんです。
私の部屋は、二部屋ぶちぬきになっていて、PC兼寝室と、本棚と書き物部屋に別れてて、書き物部屋の方にも簡易ベッド(折り畳み)があったりして、友人が泊りに来たり、宅飲みする時はその部屋を使用してたんですが、その頃は荒んでて、友人が泊りに来るなんて事もなくて。
とにかく居住区を綺麗に掃除して、ゴミ袋とかでかい荷物とかを客間の方にまとめておいて。

そんな中、早番のある日、仕事から帰ると知らない女の人がリビングにいたんです。
家に入ってリビングに入ろうとしたら、母がその女の人を私に紹介するでもなく、私の事をその女性に紹介するでもなく、誰だ?って顔をしている私に、「いいから上行ってなさい」と何の説明もなく自分の部屋に行くように促され、釈然としないまま階段を上ると、客間の折り畳みベッドが開かれてて、誰かが寝ていた形跡が。
それと同時に、その部屋にまとめておいたゴミや荷物が無くなってて、居住区の部屋を見たら、頑張って綺麗にした私の寝るベッドの上に、全部の荷物が置かれてました。
「何だこれ!??」と大きな声が出ますよね。
「何なのこれは!??何で!?」
その声に慌てて母が階段を駆け上がってきて、母が「いいから!うるさくしないで!!」と何の説明もなく、騒ぐなと私に一言。

わけがわからないまま、その荷物だらけのベッドを片付ける気にもならず、わずかな隙間に丸くなって寝て、でも仕事終わってご飯も食べてない。風呂も入ってない。落ち着かないし空腹に耐えかねて、夜、もういないかな?と様子を見にリビングに降りたら、女の人はまだいて、そこに末の叔父も来ていました。
「どうも・・・」と言いながら、リビングの隅の方で、何でもいいからご飯。。。と思って、質素に一人で食べていたら、おもむろに叔父が、私に話しかけてきました。

「これ、俺の彼女。宜しくね。」


叔父には、嫁も子供もいます。
その女は、私が見た事無い女。
年齢は私と大差ない。


体調が悪く、横になるのに私の部屋へ、叔父が連れて行って、ベッドに寝かせて、叔父は母に女の面倒を任せて外出。
体調が少し良くなったのでリビングへ。
そんな中、私が帰って来たんでしょうね。


何故、勝手に私の部屋に、知らない女を、家の住人じゃない人が誘導して、迎えてるの?


何故それを母は良しとしてるの?

止める間もなく勝手に上げたと母は言いました。
じゃ、お前の弟が頭おかしいんだろ。



私の部屋なのに。


この時、私の居場所が完全に無くなった気がしました。


続く。
posted by みほ at 05:36| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

独白「叔父1」

今晩は。
PCのキーボードの調子がよくないです。
誤字脱字あるかも。すいません。

前回の続きです。

皆さんにも親戚がいるように、私にも深くかかわってきた親戚がいます。
父方にとっても母方にとっても、我が家の兄が初孫で、私はその次。
私達より年上の従兄はいません。
父方の祖父母や、叔父や叔母にはいい思い出はありませんが、母方の叔父達には大変にお世話になってきました。
私も大人になって酒を飲むようになり、一緒に酌み交わす事も時々。母には二人弟がいますが、上の弟は兄の行動を良く思っていなくて。
ま、当然でしょうが、今まで散々色々な事してきましたからね、兄は。
父親がろくでもない分、その上の弟と母の兄が良く面倒を見てくれたというか。
保護者代理だった部分もあって。

ただ残念なことに、上の弟の妻や娘も常識がなく、人の家庭をどうこういう前に自分の家庭をまずなんとかしろよと言うような状況で、その家庭にも私達は迷惑を被っていたのは事実で。
残念ながらお互いに、お互いの事を責められる状況ではなかった中で、それでも子供のころから面倒を見て、世話をしてくれた叔父の立場として、兄の行動は許せない事が多かったんでしょうね。
母の実家の近くで毎年行われる花火大会に、私と母と祖母と上の弟と四人で見に行った時、私も叔父も酒を飲み、温泉に入り、気分よくいたところに兄家族?が別行動でやってきて。
挨拶もろくにせず。
なんつーかね、やっぱ皆なっとくできない状態で、叔父も酔ってたし。
兄が帰った後、母に絡みだしたんです。
兄の事を責めて。

母はやっぱり母親だし、勿論兄の事に納得はしてないけど、色々な思いが合ったんだと思うんですが、その母にヤイヤイ言い出したもんだから喧嘩みたいになってきて、それを納めるつもりもあって、私も口出したんです。

「まぁまぁ。あなたも人の兄の事とやかく言ってる場合じゃないでしょwもうほっとけ。自分の家をまず何とかしようぜ♪でもそこヤイヤイ言われたって困るでしょ、一緒だよね。だからほっとけ。」

癪に障ったんでしょうかね。
矛先が全部私に向きまして、まさかの私の人生全否定。

いい年こいて、まさか号泣するまで責められるとは思いませんでした。
私も熱くなった酔っ払いの対処はそこそこ学んできたつもりでしたが、いかんせん私も酔ってた。
許容できない発言をされ、その上何より私の話を殆ど聞いてもらえなかった。
話そうとしても、頭から抑えつけられた。

ただただ、不快な思いだけが残った夏。
だけど、その叔父は、家庭環境がうまく行ってない為、毎週末我が家に泊まりに来る。
でも、私はもう会いたくなくて。

仕事から帰るといるし、遊びに行って帰ったらいるし、自分の部屋にこもれば「ご飯食べろ」と呼ばれるし。
そのくせ私が友人を家に招いて飲むと母は文句。
時間を考えろ。

だって遅番だと終わるの夜中だもん。
そこから飲むってなったら、深夜2時とか普通。
その頃の私は飲まないと毎日やってられなくて、でも飲みに出れば高くつくし。
一人で飲むと死にたくなるし。

もう、自分の居場所はどこかわからなくなってました。
そんな時にさらなる行動を起こしたのは、母の下の弟でした。


続く。
posted by みほ at 03:55| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

独白「無責任」

毎日雪が凄いですね。
北海道ならでは。でも、道外も雪凄いみたい。大丈夫かしら。

北海道に帰ってきて、もう5年になろうとしてます。
帰ってきて1年たつかたたないかで、兄が子供を連れてやってきました。

兄は結婚してません。
連れてきた子供は、初めて見る子供でしたが、既に1歳半でした。

母は、初孫が生まれていた事を、1年半知らされずにいて、急に「俺の子」と言って連れて来られても、それは許容できないでしょう。
私も母も。

順番が何もかも違いすぎる。
兄の彼女?嫁?何なのかわかりませんが、勿論挨拶に来た事もないですし、会った事もない。
そしてその女は既にバツイチ子持ちで二人も子供がいて、上は高校生。

ま、それはいいとして、何にも報告がない事にびっくり。
そしてその数ヵ月後に、ほんの数ヶ月ですよ。半年もたってなかったと思うな。


「実は今もう一人子供がいて、もうすぐ産まれるんだ」


って。
その時、兄無職。



バカでしょ。
無責任にも程があるでしょ。
そんなの育てられるわけない。

産むべきじゃないでしょ。考えたらわかるでしょ。
でも、それは私が言う事じゃないでしょと母に言われて、兄は勿論堕ろしてくれなんていわないから、産まれてきましたよね。
この時点で、上が高校生から下が新生児まで子供4人、バカ親二人、6人ですよね。
無職がどうやって養っていくのか?

バカじゃないの?と。
で、親が無責任でバカだから、躾もろくにできなくて、子供もバカ。
可愛くないわけ。
その上、更にもう一人産まれてますから。

ガキ5人を、大人のくせにガキ二人が育ててるの。
もう見てられない。
その上何しろ産まれた報告も、どんな報告も、8割してこなくて、2割は母にしかしないんですよ。
だから私は子供の名前も母からしか聞いてないし、誕生日すら知らないし、お年玉あげたところで兄が母に「どうも」って言うだけ。

もうね、私を疎外しすぎなんですよね、兄は。
自分の家族に何かあって、女がだらしないからよく「子供預かってくれ」と来るんですが、こっちは母も私も仕事してますから。しかも頼まれてるのは母だから。
でも、うちに来る以上、私にも迷惑はかかりますよね。
でも、どうもね〜もすまんね〜もない。私には何もないんですよ。

私の家なのに。
おかしいでしょ。

この記事にまつわる日記、過去に書いてたわ。
御覧になりたい方はどうぞ。
http://fukai-anani-sky.seesaa.net/article/191328578.html


続く。
posted by みほ at 05:16| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

独白「結婚と離婚」

おはようございます。
相変わらず私はこれから寝るんですが。

今日は仕事終わりにブログ書こうと思っていたら、友人から連絡があり、さっきまで電話してました。
そしたらこんな時間。
でも大好きな友人だったので、癒されました。

前回の続き。
色々あった20代前半。
もう逃げ出したかったしきえてしまいたかった。
毎日がうんざりだった。
そんな中、仕事で昇格して、給料も増えたけど私の手取りは変わらず、借金に持っていかれる額が増えるだけ。部下に飯をおごってやる事も出来ない。

兄は仕事を辞めてふらふら。
再就職したら給料の差し押さえが無くなったんです。
「辞めたらこの生活から逃れられるのか…」
とにかく仕事を辞めたかった。
その後なにしたいとかは無かったけど、もうとにかく何もしたくなかった。
そんな時、当時私の全てを知った上でそれでも良しとして付き合ってくれてた彼氏の転勤が決まり、別れるか一緒に行くかのわかれ道の時に、「一緒に行く?」と言ってもらえて、ついに結婚。

結婚してすぐに、色々あって離婚がよぎったけど、私には帰る場所がなかった。
住みなれた実家は追い出され、借家へ引っ越し、その時に私も転勤になり、家を出て、その後私名義で母が家を買ったが、一度も住んだことは無く、勿論私の部屋もない。
兄と三人で暮らすには狭すぎる家だった。
結婚生活4年。結局は破たんするその頃には、兄は家を出ていたので、それでも迷ったが愛する犬も家にいたので帰る事に。

居心地はあまり良くなかったが、それでも私の家。私の居場所。
そう思っていたんですが、今は。。。


続く。
posted by みほ at 06:56| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

独白「昔話2」

今晩は。もう朝ですが、私は今から寝ます。

仕事柄、相変わらず不規則な生活をしております。
特にストレスがたまると睡眠時間がめちゃくちゃになります。
今は冬眠期でしょうか…寝ても寝ても寝足りません。

もう10年以上、そんな体質です。
逆に全く眠れず、酒か睡眠導入剤を飲まないと眠れない事も。


前回の続きになりますが、一人目の子供を堕ろした後、その相手とは別れて、その後付き合った彼氏も、避妊してくれず、私も強制せず。
一人堕ろした時点でもう出来にくいと勝手に思った無責任な自分と、「もし出来たら結婚しよう」と、守る気もない無責任な約束をする彼氏。
一人目を堕ろしたわずか半年後に、二人目を妊娠。
約束通り結婚してくれるかと思いきや、無理だから堕ろせと言われ。

「次は産んであげようね」と、また守る気もない約束を告げられる。

その半年後、3人目を妊娠。
さすがにこの時は、絶対に産むと、仕事まで辞めて、結婚する気でいたのに、もう中絶も出来ない4カ月目に、相手に「堕ろしてくれ」と私と私の両親の前で土下座。
中絶ではなく、強制流産…

自分の無責任さに逃げ出したくなり、死にたくなりました。

その頃家庭内もぼろぼろで、崩壊寸前…実際は崩壊しましたけども。
父親が死のうとして死ねずに号泣したり、父親の借金の連帯保証人になったり、家を競売に出されて追い出され、夜逃げ同然で引っ越したり、両親が離婚したり。
その間、友人と縁が切れたり、責任を取って必ず結婚すると言ってくれていた彼氏が最低な発言を繰り返し、近年稀に見る最低な別れ方をして、人間不信に陥ったり。

自分の無責任さが招いた事ばかりだったけど、私にはもう抱えきれない事になっていました。
父が借金を返さないから、とうとう私と兄の給料が差し押さえられ、兄より私の方が高給取りだった為、借金に充てられる額も多かったし、そんな中でも私は家にお金を入れていたが、兄は入れていなかった。
私がお金がなくて入れられなかった時は、それが借金として残ったが、父を見ていたからか人からお金を借りているという状況がとても嫌で苦痛だった。早くお金を返さなければと、コツコツ返していったが、兄は借金として貯まって行こうともお構いなしだったし、更に親からお金を借りたりしていた。
私はローンも借金だと思い、車もお金を貯めて一括で買ったりしたが、兄は借金して車を買い、車検代が払えないとなると、その車を下取りに新しい車を買った。

根本的に兄と私は全然中身が違ったんです。
友人のように仲良くしてきましたが、家を離れ、一人暮らしして、兄を見ていると、何てだらしないんだろうと徐々に思ってきていました。

続く。
posted by みほ at 05:51| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

独白「昔話」

こんばんは。
最近は仕事が立て込んで、なかなか忙しい毎日です。
体が結構限界です。
皆さんいかがお過ごしですか?
年末年始…お休みでしたか?

私は年末年始の連休と言うものを、かれこれ22年は味わっていません。

まず昨年の錯乱状態をお話しする前に、それに付随する過去の話を書きます。
身内の恥を晒す事を情けないとは思いますが。。。
私の父は借金大王でした。
細かな詳細は長くなるので書きませんが、母と兄と私は、父の犠牲者と言っても過言ではないかと思います。
小学6年の終わりから、高校3年の終わり頃までの約6年間、私も兄も、早朝に新聞配達のアルバイトをして、家にお金を入れていました。
バイト代はびた一文私達の手には来ません。
だから、年末年始は冬休みでも、私は普通に仕事をしていました。

でも親にやれと言われたわけではなく、家族の助けになればという想いと、兄のマネをしたかっただけかと。
子供の頃から兄とは仲良く、学生時代も喧嘩は良くしましたが、友達のような仲の良さでした。

その後、高校卒業後も、どんなに収入が少なくても、家に5万入れなければいけなくて、それも母曰く「就職したら同居人。普通に一人暮らししたら家賃5万は普通。それ以外にも光熱費やら何やらかかるんだから、5万は安い方でしょ」と。
仕事をせず、プーだった時も、家賃滞納で、借金として5万ずつ積みあがっていく借金。恐ろしい。

貧乏生活が長かったせいか、金に対する執着が半端ない私は、貯金もしたかったし、収入のいい仕事ばかりやってきました。
それと、早く家を出たい思いで、結婚願望も強かったです。
「自分はこんな家庭には絶対にしない。」そう強く思っていました。
子供も大好きで、夢は18歳で子供を産む事でした。
子沢山になりたかったし。



始めて子供が出来たのが、19歳の時でした。
でも、それは自分の無責任な行動でした。
相手に問題がありました。
親にも激しく反対されました。
一人で育てるには、貯金はまだまだ少なすぎました。
親に反対されている以上、父親の件もあったし、迷惑はかけられないと思いました。

やむなく堕ろしました。その件も、話せば長くなるので、書きません。
ただ、簡単な気持ちで中絶したわけではありません。

そこから私の人生は、大幅に狂いだしていきます。


続く。
posted by みほ at 03:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

独白「毒吐く」

お久し振りです、そして明けましておめでとうございます。
前回の日記で一年ぶりか?と言ってた気がしますが、新年入りまして。
色々とあった事をずっと抱えこんでましたが、そうか、私には吐き出す場所があったなと。

年末に吐き出すべき事を、新年を迎えてから自分の中の毒を全部吐き出したい。
新しい新年を迎えるにあたり、心機一転。。。とは今は思えない。その毒の部分を全部吐き出して、心機一転したい。

そう思って、久し振りにブログを書きます。

一回では書ききれないので、何回かに分けて書きたいと思いますが、私の醜い感情をさらけ出すので、見苦しい事も多々あると思います。
人を不愉快にする可能性も高いので、見る事をお勧めしません。
ただ、もうどこかに吐き出さなければ私は前に進めない、だからと言って身内や友人には改まって話す気にもなれない…そんな事ばかりなので、自分のブログに吐き出していこうと思います。


ここが今、私の居場所。

そう思って書きます。

次回から。
posted by みほ at 02:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

無気力

私の居場所がない。

全身の倦怠感
なにもしたくないし誰とも話したくない
人の声が煩わしい

何だろう…
posted by みほ at 17:33| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

生きててスイマセン。


どうも、今晩は。
お久しぶりです。
最近facebook始めまして、懐かしい友人に出会ったんで友達申請したら「最近ブログ書いてないね」って。
見ててくれたのね。。。

もう誰一人見てないと思ってたw
(だったら削除しろ)

読者にやさしくないブログです。
えぇ、読者ったって2〜3人でしょうけど。

久々に更新してみたら、seesaaの仕様が色々変わってて勝手がわからない…そして久々にブログを書いたら、ブラインドタッチが相当おぼつかないw
どんだけパソコン障ってないんだよ、私はwww

え〜っと…1年以上放置してたんですかね?私は。(知るか!)

その間色々とありました。
相変わらず、酒を飲んでは人に迷惑をかけてます。
実は今年、私の予定では、消えて無くなるはずでした。私は。

えぇ、「バカヤロー!」と言われるのをわかった上で、書いてますが。
今年の春、また大好きなSOUL‘d OUTのライブがあったんですが、それが終わったらもう消えてなくなる予定でした。

本当に色々とありすぎて、もう面倒臭くなったというのが本音。
ただ、今年4月に友人の結婚式で、仲のいい友達と集まる機会があって、その時に、自分の中の甘えなのか何なのか、誰にも言うつもりもなかったのに今年いなくなる事を友人に宣言してしまって。


え〜〜〜〜。。。




烈火のごとく怒られました。




自分でも言う予定じゃなかった事を言ってしまった事と、怒られたという強烈な思いで、コワイから消えるのやめよう…と思ったものの、消えると言う目標が無くなった今、どう生きたらいいのか良くわかんないという現実です。

とりあえず、今生きてます。


また時々日記書こうと思います。
放置しすぎてスイマセン。
posted by みほ at 02:49| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

あぁ。

私は弱い。
posted by みほ at 00:45| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

何だったんだろう。

110511_164529.jpg好きな人が横にいて眠れる夜があって、その時は本当に幸せだった。
ただ、不確かなことばかりで、夢だったのかなって。
全部、夢だったのかな。

今は、抱き合うことの意味もわかんない。
寄り添う意味もわかんない。
一人でいいって思うんだ。
一人が楽って思うんだ。

何だったんだろう。
あなたがいた毎日は、何だったんだろう。


そこに意味なんてないのかな。


ただ、都合がよかっただけなのかな。





ドンマイ、私。
posted by みほ at 04:01| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

春爛漫

110511_164545.jpgお久し振りです。
春ですね。
久々に、休みの日にいい天気だったけど、久々の飲み会明けでテンション低く。
なんつーか、楽しくない酒を飲み、夕方まで寝ちゃって、1日を無駄にしましたね。

最低。


あー、人生どうしてこううまくいかないんでしょうか。
生きるって難しい。

春だし、やっと北海道にも桜は咲いたし、楽しんで行きたいもんですね。
posted by みほ at 04:21| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

女はいつだって夢見がちな生き物

 最近、自己嫌悪とかネガティブさが半端じゃない。
直接的な言い方をしてしまえば、人に迷惑しかかけない、生きててもメリットのない人間に思えて仕方がないのだ。
私の性格は、歪んでいて偏屈。自分でもわかっているが、どうやって直したらいいのかがわからない。
「もう少し余裕をもって考えてみたら」わかってるんだが余裕がない。
「考えすぎなんじゃない?」わかってるんだが勝手に脳が考えてしまう。
色々言われるが、わかってる事しか言われない。じゃ、それをするためにどうしたらいいかは誰も教えてくれない。
誰かのせいにしたいわけじゃないんだけど。
ダメな部分を指摘するなら、もう少し的確にしてほしいものだ。
この部分がダメで、こうしたらいい。そうするためには、こういう風にしないとだめだと思う。

数学でいうなら、皆答えばかりを押し付けてくる。
でも計算式は誰も教えてくれない。
自分で考えてもわからない。
人に嫌われていくのはわかる。どんどん友人は離れていく。
残った友人を大事にすればいいと言われるが、その友人だっていつか愛想を尽かすんじゃないだろうか。
新しい友達の作り方もわかんないし。

続きを読む
posted by みほ at 05:04| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

燃え尽き症候群からのネガティブ

 ライブ行って来たぜ〜〜〜〜!!!
SOUL'd OUTライブツアー2011!!IN札幌@cube garden!!!
初めて行ったライブハウスでしたが、昨年のDiggyのソロライブの時に行ったペニーレーン24ばりの小ぢんまりとしたハコでした。
だもんで、アーティストまで近い!!

超嬉しい!!!

どんなに有名になったって、近い距離で観られるって相当嬉しい。いちファンとしては。
待っている間、寒くて凍え死ぬかと思いましたが、ライブは熱かった!!
完全燃焼、燃え尽き症候群です。
今、完全に廃人です。
何にもする気起きません。とほほ。

でも、相当元気貰いました。
楽しかったな〜〜〜♪


続きを読む
posted by みほ at 04:02| 北海道 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

4月のバカヤロー!

F1000360.JPG すっかり4月です。バカ野郎。
4月と言えば楽しみにしていたライブ。(しつこい。)
あと4日です。カウントダウンしちゃいますよ。
物販で販売する商品のラインナップがメールで届きました。
なんつーかね、今回のツアーのデザイン可愛いの。
これ、ほしい・・・けど高い。

私に買えるのは、恐らくタオルくらい。
絶対に買います。

2千円・・・高いよね、高々フェイスタオルのくせに。(オイ
バスタオルに至っては、4千円したはず。
本当はTシャツがほしいんだけど、これも4千円。
高いわ。

キャップもほしいけど、4千円。


何なん?4千円まみれでさ。高いって。


でも、皆買うんだよね。私には2千円で精いっぱい。やむなし。

続きを読む
posted by みほ at 02:10| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

一人でラーメン!

110330_190133.jpg
 本日久々に同級生の経営するラーメン屋、Fuji屋に行って来ました。
久々過ぎて、写真撮ろうと思ってたのに、出てきた瞬間がっついてた私がいましたよw
いや〜相変わらずうまかった。
ぺロリです。
110330_191700.jpg

続きを読む
posted by みほ at 03:21| 北海道 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

連休祭り

F1000327.JPG
 やっと札幌も春らしい陽気になってきたでしょうか。今日から私3連休。
で、4/1に遅番一日行ったら4連休と。
連休祭りなんです♪

本当は今日あたり、どこか遠出に出かけたかったんですが、このガソリンの高騰具合ったらないですよね。
貧乏アルバイターの私には厳しい金額になってまいりました。
一応昨日満タンにしてきたんですが、スタンド行ってびっくり。
24時間営業の最寄りのスタンドが、2件もやってないの。深夜。

営業を自粛してるんでしょうか。
買い物行くついでもあったので、ちょっと家から遠いところに行ったらやっているガソリンスタンドがあったので給油できましたが。
びっくりです。
北海道の給油制限は無くなったものの、まだ色々と厳しい現状なんでしょうね。

続きを読む
posted by みほ at 20:14| 北海道 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。